51番 石手寺を後にし、歩くとすぐに

松山の観光名所である道後温泉街に入ります。

f:id:aki1990m:20160330175620j:plain

よく見る時計台と右は足湯です。

 

f:id:aki1990m:20160330183758j:plain

商店街を突っ切ります。

 

すると、そこには

f:id:aki1990m:20160330183926j:plain

はい、キターー。千と千尋のモデルにもなったと言われる建物。

 

 

角度を変えるとより分かりやすいかな。

f:id:aki1990m:20160330184119j:plain

 勘の良い方は、お気づきかも知れませんが、

垂れ幕や窓、壁のデザインは蜷川実花さんが担当されています。

 

言われてみれば「っぽいな~」と思いますよね。

この溢れんばかりの女性性と力強い感じが。

 

f:id:aki1990m:20160330184252j:plain

エマニエル坊やならぬ、エドワード坊っちゃんが心なしか不機嫌。

 

f:id:aki1990m:20160330184439j:plain

小説「坊っちゃん」の登場人物らに囲まれて。

 

 

  

さぁ、楽しかった道後温泉を後にし

f:id:aki1990m:20160330185301j:plain

こんな遍路道マークを確認しつつ、歩いていると、

 

f:id:aki1990m:20160330185133j:plain

うっ、うちより安い。

 

 

仕方ない、気を取り直してと。

 

あっ、

f:id:aki1990m:20160330185556j:plain

歓楽街だ。人が集まるところにはこういう店が立ち並んでしまう。

悲しい男の性であります。ビルの名前もうちょいオブラードに包めなかったかな?

 

ロザンナ氏は、「私ストリップ見に行きたい」と

興奮していましたが、そこはスルー。

 

誘惑を断ち切り、51~52の10キロに及ぶ長い道のりを進んで行きます。

 

 

途中、腹も減り、喉も乾いたのでコンビニに立ち寄ると

f:id:aki1990m:20160330190112j:plain

20代会社員の方が、声をかけて来てくれました。

彼も、丁度1か月前からこちらに赴任してきたようで話に花が咲きました。

 

 

それにしても10キロって歩くと中々長いっすね~。

 

f:id:aki1990m:20160330190554j:plain

安心して下さい。ポンジュースはちゃんと愛媛で作られていますよ。

 

 

結局、道後で、はしゃいだり回り道をしたこともあり

2時間46分という時間をかけ

f:id:aki1990m:20160330190910j:plain

52番 太山寺(たいさんじ)に到着。

 

f:id:aki1990m:20160330191103j:plain

本堂への入り口カッケー。

 

f:id:aki1990m:20160330191214j:plain

お参りしてから、お昼休憩をここで済ませ、

ラスト53番へとレッツラゴー。