• 欅坂(漢字欅)とけやき坂(ひらがなけやき)の関係性は?
  • もし選抜制になった場合どんな形になるのか?

 

 

欅坂(漢字欅)とけやき坂(ひらがなけやき)の関係性は?

さて欅坂46も5thシングル選抜発表の時期になりましたね。

この前の記事で「乃木坂46・3期生の選抜入りはあるのか?、あるとすればいつになるのか?」について考えてみました。

なので、今回は欅坂46選抜発表でけやき坂(ひらがなけやき)メンバーの選抜入りはあるのか?について考察してみたいと思います。

 

元々、ひらがなは漢字欅のアンダーグループという位置づけでスタート。

乃木坂46のように選抜制になり、後にメンバーの入れ替えがあると予想されていたと思います。だけどその後活動が進むにつれて漢字欅21名の結束が強くなり、この21名でないとだめなのでは…?という雰囲気も出てきた。

メンバーやスタッフが関係性を説明する場合にも、「アンダーグループ」という言い方は少なくなり、「別グループ」という言い方もするようになってきて。

こんな感じで説明の仕方も曖昧になってきた。

 

そんな中、2017年夏にけやき坂(ひらがなけやき)メンバー増員オーディションが行われることが発表されました。

気になるのは、

『欅坂2期生』ではなく『ひらがな追加メンバー』 ってところ。

このメンバー増員は、

ただ単にグループが想像以上に速いスピードで売れていったので、これでもまだ人が足らなくなり、そのための増員なのか…?

それか、ひらがなけやきを単独で一つのグループとして売り出していきたい、そのためには12人じゃ足らないから増員なのか。

後者の場合、漢字欅とは別で、ひらがなは別グループとして売り出していく可能性が高くなった、という見方もできるかもしれない。

 

そんななか、雑誌のインタビューで気になるコメントがありました。

運営委員長の今野義雄氏はこんなコメントを残しています。

 

「基本は同じ欅坂46の一員でありながら、別のグループとして活動していくという位置付けです。ただ、けやき坂46で頭角を現したメンバーが、欅坂46へ加入するといった動きはあるかもしれません」

 引用:けやき坂46 ついに本格始動へ、初ツアー開催|エンタメ!|NIKKEI STYLE

 

 

なるほど。これだと基本は別グループで、今後ひらがなメンバーが選抜入りする可能性もありってことかな?運営側もどうすべきなのか今の段階では迷ってるのかもしれません。今の段階では、色々な選択肢を残しながら、どんな形が良いのか探っているのかもしれない。

 

もし選抜制になった場合どんな形になるのか?

 

それでは、もし仮に選抜制になった場合どんな形になるのでしょうか?

ちょっとその辺を予想してみたいと思います。

ファンの人の中には、漢字欅の1~2人とひらがなで人気のある1~2人を入れ替える、こう予想する人が多いかもしれない。でも、これはないんじゃないかなと思ってます。漢字欅21人はこれだけ結束が強くなってきて、1~2人を選抜落ちさせるって酷なことはしないはず。ひらがなの方も、この中に1~2人で入っていくのは入りづらいのでは?

ではどんな形になるのか…?

 

A:漢字、ひらがなは基本別グループで代表者が選抜入り

 

まず漢字、ひらがなは基本別グループで代表者が選抜入り、という方法。

基本は漢字は漢字、ひらがなはひらがなでグループはそのままで曲もそれぞれあって。今まで通り基本は別グループでの活動で、漢字14人、ひらがな4人くらいが代表で表題曲に参加(選抜メンバー)。こんな感じになるのではと予想。

 

 

B:漢字20人は固定で兼任を増やす

 

次に、漢字20人は固定で、長濱ねるのようにひらがなとの兼任メンバーを増やしていく、という方法。ただこれだと選抜の人数がかなり多くなってしまいそう。そこをどうするか…?

 

と、こんな感じで予想してみましたが、これからのことは本当にわからないです。どういう形が一番いいのか…?

ひとつ僕が思うのは、欅坂46は乃木坂46よりアーティスト寄りだってこと

何か全体の一体感を重視している感じはある。

AKBや乃木坂の選抜制とは違う、何か別の形を模索しているのかもしれない。

これからどういった形になるのかは分からないけど、とにかくメンバーを応援していきたいです!